沢登り

西種子川遡行

日曜日は愛媛の沢の1軍・N原さんチームと新居浜市の西種子川を遡行。
新居浜市だと備中行くのと同じくらいの時間で到着ですw
駐車場からすぐのところにある魔戸の滝の3段目40m。
2016-08-21-08-12-13
もちろん巻きますw
この3段の滝を高巻きするのに標高で200m上がって、50mほど下ったところで入渓。
水に入る前から汗で全身ビショビショですw
2016-08-21-09-15-21
入ってみると思ったより水温低めで透明度はかなり高め。
2016-08-21-09-28-54
恐れていたアブも全くと言っていいくらい出ませんでした。

攻めるめーさん。
2016-08-21-09-40-46
さらに攻めるめーさん。
2016-08-21-10-10-56
このあたりで覚醒してしまったようですw
かなりの水量の滝も、
2016-08-21-10-27-09
覚醒しているので突破しますw
2016-08-21-10-31-36
滝に打たれながらサポートしてくれるN原さん、カッコ良すぎですw

かなりデカくてインパクトあるチョックストーン。
2016-08-21-11-13-16
かっこえかった。

水も、わや透明じゃった。
2016-08-21-12-59-07
楽しすぎてはしゃぎすぎたのがたたり、ガッツリある下山で足がガクガクでしたw
N原さん、今回もいろいろとありがとうございました!

さて、ラーメモを。
瀬戸大橋を渡って帰ってきたら児島ICで降りて幸楽へ行くのが、岡山の3軍のルーティーンですw
2016-08-21-19-58-34
 いつも通り、盛り付けはテキトーですが味はサイコー。
おむすびとの合わせ技で14a。 

夏なので

日曜日と月曜日で今年初の沢登りへ愛媛県の高瀑渓へ行くも、前夜に大雨が降ったようで尋常でないくらいの濁流。
2016-07-18-19-32-19
往生際の悪い我々は、近くの水量の少ない沢へ転戦。
2016-07-18-19-34-26
攻めるめーさん。
2016-07-18-19-34-40
普段ならあまり水量のなさそうな沢ですが、この日は結構な水量で1日楽しめました。
2016-07-17-18-55-12
2016-07-18-19-31-30

2日目は新居浜市の面白川(つらじろがわ)を遡行。
2016-07-18-17-35-12
2016-07-18-17-54-12
面白の滝。
2016-07-18-19-28-30
四国の沢の1軍のN原さんは前回この滝をリードで登ったらしいです。すげーですw

はしゃぐ赤レンジャー。
2016-07-18-17-36-47
この滝はここから上がヤバかったです。4人で突破するのに2時間くらいかかりました。
ここを越えたところで時間切れで敗退しました。

今回も愛媛の沢の1軍のみなさんに大変お世話になりました。ありがとうございました! 

今年の沢の集大成

名和のmoriさんの案内で大山・甲川に沢登りへ。
今回は中四国連合軍で総勢9人。
2015-08-24-08-00-28
せっかくだったら上の廊下まで行きたいので、朝6時から入渓です。
2015-08-23-06-34-50
下の廊下の核心その1。
2015-08-24-07-58-36
特攻隊長タオちゃんがKさんにショルダーしてもらってなんとか突破して、後続はロープなどなんでもありで抜けていきます。
image
核心その2。
2015-08-24-07-53-57
ここもタオちゃんたちが突破してくれて後続はロープやアブミで突破しました。
お気付きでしょうか。あまりに水が冷たすぎてみなさんどんどん厚着になりますw

水の冷たさも尋常ではありませんでしたが、キレイさも尋常じゃありませんでした。
2015-08-24-07-55-50

最初はアカレンジャーだったのに気づいたらアオレンジャーになっていますw
2015-08-23-10-15-41
やっぱり沢ではイキイキしてますw

どうやらカッパ類を忘れてきてしまったようで、終始ガタガタ震えていた団長は滝に打たれる見せ場を作るも、Tシャツが白なのでどこにいるかわかりませんw
2015-08-23-09-46-39

中の滝と中の廊下は結構早く突破し、
2015-08-23-11-09-00
残るは最大の難関、上の廊下へ。
残置ハーケンとアブミを駆使し特攻するN原さん。
2015-08-23-12-19-36
上の写真の奥から右に回り込んだら垂壁に打たれたハーケンにアブミをかけて登ります。
2015-08-24-08-05-11

このすぐ上流が一番の核心。
2015-08-24-07-58-29
またもや四国を代表する沢屋のN原さんが突破してくれました。
2015-08-24-07-51-05
この2箇所の滝を越えるだけで2時間以上かかったと思います。

その後も結構やばいところが続きます。
2015-08-24-07-50-45

ゴール地点の大堰堤。
2015-08-24-07-59-22
デポしていた車まで戻って16時。
約10時間の遡行、ガツンときましたが今年の集大成に相応しい沢登りができ、案内してくださったmoriさん、ありがとうございました。
そして今回参加された、N原さん・タオちゃん・Kさん・S岡さん・団長・めーさん・アカレンジャー、お疲れ様でした!

宇和島ナメナメツアー

土曜日は、広島と岡山3軍の連合軍で愛媛県宇和島市の四万十川水系・滑床渓谷へ。
2015-08-15-08-17-01
いきなりまあまあな水流が。
2015-08-16-21-45-16
ニッチもサッチも行かなくなって助けてもらいましたw
2015-08-16-21-37-23

攻めるまんぞー。
2015-08-16-21-47-24
フリーでは登るのに助け合うことが無いので、こうやって仲間と助け合いながら登るのはとても新鮮でした。
2015-08-16-21-43-38

日本の滝100選に選ばれている雪輪の滝(途中から下方向)。
2015-08-17-18-07-18

漢を見せたやなにい。

スピード出すぎて死んだと思いましたw

スピード狂の、めーさんw


2015-08-16-21-38-42
人は命が助かると笑顔になりますw
もちろん、全員同じ高さから儀式を執り行いましたw

この後は、また雪輪の滝を登り返し、数百m以上のナメを登り続けると、でっかい滝が出現。
2015-08-16-21-39-11
はしゃぐアカレンジャー。
2015-08-16-21-44-52
この後は永遠に続くナメを登り続け、
2015-08-16-21-46-48
下りは別の沢を沢下りします。
こちらも永遠に続くナメ。
2015-08-16-21-47-27
そしてナメ。
2015-08-16-21-36-51
大雨で落ちてきたと思われる岩が。
2015-08-16-21-47-39
クライミングシューズがあれば登れそうな課題がありましたが、アプローチはかなりありますw

最後は雪輪の滝に合流する自然のウォータースライダーでゴールとしました。
2015-08-16-21-47-17

2015-08-16-21-38-46
広島の3軍のお二人は何回もスライダーされてましたw

日曜日は、愛媛の沢の1軍のみなさんも合流して、同じ四万十川水系の藤生川上流へ。
2015-08-16-09-44-34
ナメに始まり、
2015-08-16-09-47-23
そしてナメ。
2015-08-16-09-47-28
さらに、ナメ。そしてはしゃぐアカレンジャーw
2015-08-16-21-32-08
さらに、はしゃぐアカレンジャー。
2015-08-16-21-29-55
沢にはアカレンジャーをはしゃがせる魔物が潜んでいるようですw
2015-08-16-21-31-54

沢を詰めると綺麗な原生林の中を歩いて稜線に出てから下山しました。
2015-08-16-21-29-22

今回の山行計画を立ててくれたタオちゃん、いむちさん、本当にありがとうございました! 

夏といえば

日曜日に愛媛県の東赤石山系・瀬場谷へ沢登りに行ってきた。

岡山チームはS岡さん・団長・アカレンジャー・やなにい、広島チームはまんぞー・タオちゃんと名和からmoriさん、そしてN原さん率いる、愛媛の沢のスペシャリストのみなさんの総勢14名で入渓。
2015-08-09-08-22-50

早速タオちゃんが滝をリードで登ってます。
2015-08-09-09-03-57
2015-08-09-09-07-49

さすがにこの滝は巻きましたw
image

やなにいも負けじと別の滝をリード。
2015-08-10-12-21-09
2015-08-10-12-21-01
2015-08-10-12-20-40
絶対に落ちれないので慎重に登りましたが、かなり緊張しました。

ちょっとした滝を直登しようとしたが、水量には勝てず敗退するのをパパラッチされてましたw
背後から。
2015-08-10-12-21-26
横から。
2015-08-09-21-48-19
2015-08-09-21-48-16
2015-08-09-21-47-17

川さん改め、アカレンジャー改め、サワレンジャーは初めての沢登り。
2015-08-09-21-48-33
2015-08-09-11-01-52
フリーの登りは弱気ですが、沢登りはアグレッシブでしたw

最後らへんで記念撮影。
2015-08-09-21-46-13
愛媛のみなさん、我々が安全に登れるように色々サポートしていただき、本当にありがとうございました! 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: