2013年03月

日和佐リボルト

やなにいです。

日和佐でリボルトが行われるとのことでお手伝いに。
image
参加者は日本を代表するJFA公認リボルト職人・マメオさんグループ、四国を代表する開拓者で14クライマー・たけぞー氏ペア、四国代表のJFA理事・taoさん、そして四国を代表するトップローパー・しいちゃん。

マメオさんは「サウダージ(5.12b/c)」のリボルト。
image

たけぞー氏は「ラジャラウト(5.11d)」の終了点を正しい位置まで上げていた。
image

やなにいは、めーさんと日だまりエリアの終了点。
image
↑リボルト前

image

↓リボルト後
image
まさか砂岩がこんなに硬いなんて思ってもなく、石灰岩とは比べものにならないくらいドリルの扱いは難しかった。
2時間くらいで日だまりエリアの全ルート終わらせて、あとは登りまくるぞーと思っていたが、がっつりリボルトに時間を費やすことができましたw
おまけに終了点付近は風を遮るものがなく、この日に限って暴風。確実に小学生なら飛ばされるくらいの風力でしたよw

岩場はあまりにも寒いのでリボルト終了と同時に退散。
登り足りないのか、駐車場でスラブ大会が行われてましたw
image

リボルトに参加された皆さん、本当に寒い中お疲れ様でした。
今回もJFAにリボルト資材を提供していただき、ありがとうございました。

あと、四国つながりでもう一つお礼を。
image
今年も愛媛のN原さんから伊予柑を送っていただき、みんなでおいしくいただきました。
image
N原さん、ありがとうございました!

※今回のリボルトは、JFA(日本フリークライミング協会)が推奨する方法に従って行われました。しかし、支点が抜けたり或いは破断したりしないことを100%保障するわけではありません。
クライミングは危険を伴う行為であり、自己責任において楽しむべきものです。ルートの再生の行われたルートにおいて、もし事故が発生しても、主催者やJFA等が責任を負うことはありません。

振子

てつです。
山担当ではないけど
今年は久しぶりに大山に登ったので
写真をアップします。

7:30に木谷から入山
鳥越峠へ

IMGP0082直登
烏ヶ山をバックにラッセルK氏


駒鳥小屋は雪の下
IMGP0088駒鳥小屋


振子沢方面へ
IMGP0091スノーブリッジ



振子沢上部は風にたたかれクラストしてたので
振子山へ
IMGP0101野田ヶ山
振子山から野田ヶ山

IMGP0110振子沢三鈷峰
振子沢上部→ユートピア→三鈷峰


振子沢対岸を登り返し
大山東壁間近へ
ここからの景色は圧巻でした
IMGP0132烏から東壁
烏ヶ山から大山への稜線


駒鳥小屋からキリン峠へ最後の登り
IMGP0143キリン


16:30に駐車場着
滅多に無い良いコンディションで
振子方面を楽しめました。


IMGP0150南壁
大山南壁



記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: